トライクの[道路運送車両法]
日本において「トライク」とは、普通免許さえ持っていれば、オートバイ感覚で気軽に乗ることができる利便性の高い乗り物です。
本来、自動車やオートバイには様々な規制が法律で定められていますが、現在の日本の法律では、トライクをいう存在に対応していない為、税金や車検などは「側車付き自動2輪車」ですが、必要な免許は「普通自動車」という特殊なポジションにあるのがトライクです。
これは、「道路交通法」と「道路運送車両法」という二つの法律によって解釈が異なることによります。
●道路運送車両法
道路運送車両法とは、道路を走る車両について、その所有権や安全などを確保する為の法律です。つまり、車両の車検や登録ナンバー、車両の装備について定めているものです。
この法律によりトライクは、車検上は“側車付き自動二輪”であり、税金や保管場所などの面で自動二輪としての扱いになります。この法律によりトライクは、車検上は“側車付き自動二輪”であり、税金や保管場所などの面で自動二輪としての扱いになります。
この法律において“自動車”とは、
『原動機により陸上を移動させることを目的として製作した用具で軌条若しくは架線を用いないもの又はこれにより牽引して陸上を移動させることを目的として製作した用具であつて、次項に規定する原動機付自転車以外のものをいう。』
<e-Gov 電子政府の総合窓口>より(次項省略)
そして、この“自動車”は5つに分類され、二輪自動車は「小型自動車」または「軽自動車」に分類されます。さらに、「小型自動車」の中に“小型三輪自動車”が含まれており、トライクがこの“小型三輪自動車”に含まれるものと思われますが、トライクに関することとして国土交通省より、平成14年に下記のような告示がされています。
『三 「三輪自動車」とは、3個の車輪を備える自動車であって、次号のいずれかに該当するもの以外のものをいう。
 四 「側車付二輪自動車」とは、次のいずれかに該当するものをいう。
  イ 直進状態において、同一直線上にある2個の車輪及びその側方に配置された1個(複輪を含む。)又は2個(二輪自動車の片側の側方に備えたものに限る。)の車輪(以下「側車輪」という。)を備えた自動車
  ロ またがり式の座席、ハンドルバー方式のかじ取装置及び3個の車輪を備え、かつ、運転者席の側方が開放された自動車』
「法律をよりよく理解し、遵守するため、法を学ぼう!!」より
この告示には、道路運送車両法に適応されるものと明記されており、そのことにより道路運送車両法上では、一般的に「トライク」と言われているものは「側車付二輪自動車」と同じ物として扱われることになっています。
トライク
  • 楽天
  • Yahoo!
  • Goole
  • copyright(c) Life style.All Rights