小型のトライク
広く知られるトライクは、ハーレーなどをベースにした“アメリカン・タイプ”などが多いですが、その他にもスクーターをトライクにしたものも数多くあります。トライクはその外観上、大型の二輪車を改造することが多いようです。
スクーター・タイプのトライクにおいても主流は大型ではありますが、実は小型のトライクもメーカーから販売されています。例えば、街中でよく見かけるピザなどの宅配によく利用されている屋根付きのオートバイも、「トライク」ということが出来ます。
このように、意外に知られてはいませんが、基本となる本体を小型のものにすることで、トライクを比較的容易に入手することも可能になります。
その小型トライクの代表的なものとして、「原付トライク」があります。要は、排気量50cc未満の二輪車(原動機付きバイク)をトライクにしたもので、法的には、トライクとは異なる解釈になります。
一般的にトライクと言われているものは、「側車付き自動二輪」の登録になり、排気量が50cc以上のものになります。一方、原付トライクの場合は、登録上では「ミニカー」として扱われます。 ただし、法的な解釈が異なるというだけで、一部(二人乗りの制限など)を除き、ヘルメットや免許、制限速度など、同じように利用することが可能です。
この原付トライクは、屋根の付く付かないに限らず、HONDAなどの二輪車を扱っているメーカーで製造されている為、トライクの新車であっても比較的安価で購入することができます。また、メーカー補償などの通常の改造トライクには無いサービスもメリットの一つだと言えます。
その他に、インターネットで良く見かけるものとして、「モンキー」「ゴリラ」「マグナ」などの小型バイクを改造してトライクにしているものもあります。
これらを紹介しているサイトを見ると、オーナー自ら改造していることが多いようです。
これらの小型バイクは、構造がシンプルになっていることもあり、改造用のトライクキットを購入することで、比較的容易に改造をすることが可能なようです。
原付トライクの場合は、購入するにしても、二輪車を持ち込んで改造してもらうにしても、比較的安価でトライクを入手することができます。
原付の場合、制限速度が30km/hのため、一般公道を走行する時には、邪魔者扱いされがちですが、トライクに改造することで、制限速度を60km/hにすることが可能なので、それだけでもトライク化にする価値はあるかと思われます。
トライク
  • Yahoo!
  • 楽天
  • Goole
  • copyright(c) Life style.All Rights