走行性能[二輪との比較]
トライクは、二輪車と四輪車の中間的な存在である為、両方の特質を持ち、また、トライク独特の特徴も持っています。その中で、大きな魅力の一つとなっているのが「走行性能」です。
●二輪車との比較
二輪車とトライクの走行性能を比較した場合に最も大きな違いとなるのが、「安定性」です。トライクは二輪車とことなり3つのタイヤで車体を支えている為、静止時でも独立することが可能です。そのような特性をもつことにより、低速時でも二輪車とは比較にならない安定感があります。
特に、坂道の多い日本においての利便性は高く、坂道走行において低速でも安定して走ることが可能です。
また、横風に対しても有効で、二輪車と比べ横風から受ける圧力は同じですが、三輪で支えることにより、二輪車のように“ふらつく”ことが極端に少なくなります。
同様に、直線走行においても安定感がある為、車体のコントロールが容易になります。
一方、二輪車と比較した際に欠点となるのが、“カーブでの走行”です。
二輪車の場合、車体を傾けて曲がる為にカーブ時の走行性能は高くなりますが、トライクの場合は、一部の例外を除き、三輪が安定している為、極端に速度を落として曲がることになります。
過去に、HONDAなどの日本のメーカーで三輪バイクを生産していたこともありましたが、カーブ時の転倒事故が多発したことにより極端に衰退していったと言う事実があります。
現在では、そのような転倒事故を回避する為に、後輪部を独立させ、車体を傾けて曲がることができるものも販売さえていますが、「HONDA ジャイロ」に代表されるように“原付トライク”に止まっているのが現状です。
他にも、前輪を二輪にして独立したサスペンションを装備したものもありますが、一般的に普及するには、まだ時間がかかりそうです。
トライク
  • Yahoo!
  • 楽天
  • Goole
  • copyright(c) Life style.All Rights