トライクの[駐車場法]
一般に自動車を駐車する場合、特定の駐車スペース(駐車場など)に停めなければ違法駐車と見なされ、罰則の対象になってしまいます。これは、4輪の自動車は「駐車場法」で、原付を含めた自転車においては「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」で定められています。
しかし、これまで自動二輪においては、これらの法律の対象外となっており、自転車と同じように歩道などに駐車していても法律で取り締まられることはありませんでした。
ところが、2006年から施行された法律では、自動二輪も「自動車」として定義に含まれることになり、商業施設などに対して、自動二輪が駐車出来る駐車場を整備することが義務化されることになりました。
この法改定は、自動二輪用の駐車場を“整備する義務”が発生したのと同時に、運転者側にも駐車場に“駐車する義務”も発生したことになります。つまり、法定外の場所に駐車した場合は、違法駐車として取り締まられてしまうということになります。
では、「トライク」の場合はどのような対応をすれば良いのかと言うと、2006年の法改正以前から、駐車場法では“自動車”として扱われていました。
これは、“自動車”という定義に「大型自動二輪車(側車付きのものを除く)及び普通自動二輪車(側車付きのものを除く)以外のもの」というものが含まれている為、「側車付き自動二輪」として車検登録されているトライクは。“自動車”として扱われ、一般の四輪自動車と同じように指定の駐車場に駐車することが義務付けられていました。
このことは、とうぜん改正後の現在でも適用になっている為、トライクを駐車する場合には、特定の駐車場、または、路上駐車にあっては、パーキングメーターなどが設置されている場所に駐車しなければいけない、ということになります。
また、一般的に「トライク」の定義から外される、原付などの三輪車の場合は、「ミニカー」としての扱いになる為、とうぜん“自動車”に含まれ、一般の四輪自動車と同じように特定の駐車場に停めなければいけません。
トライク
  • Goole
  • 楽天
  • Yahoo!
  • copyright(c) Life style.All Rights