格安のトライク
一般的に「トライクは高い」という認識が広まっていますが、その主な原因として、“トライクは大型バイクを改造したもの”という認識が強いことにあると思われます。
トライクの定義は、「前輪または後輪を二輪にして、三輪にした自転車もしくはオートバイ」ということができます。つまり、トライクと呼ばれる乗り物には、排気量の大きさは関係なく、エンジンなどの動力も関係ありません。
日本で人気のあるトライクは、“ハーレー”などを改造したトライクである為、改造費や諸経費なども高額になってしまいますが、もっとも金額に影響するのが、ベースとなるオートバイの車体価格です。
例えば、トライクでも有名なハーレー・ダビットソン社の大型バイクは、二輪車として購入するだけでも200万円以上することも多いです。そのような元々高額の二輪車を改造してトライクにする為、とうぜん、トライクの価格は高額になってしまいます。
トライクを格安で乗る方法の一つに、「トライクキット」というものが販売されており、自分で改造することが出来ます。しかし、この方法は、改造を自分で行うことが前提になります。
他に、比較的安価でトライクを入手する方法として、トライクを扱っている業者に、二輪車を持ち込むという方法があります。予め、持っている二輪車を持ち込むにしても、中古のものを持ち込むにしても、車両本体の価格を安く抑えることが出来るので、比較的安価でトライクを入手することが出来ます。
排気量などに拘らないけどトライクに乗りたいという人にとっては、“原付トライク”という手段もあります。代表的なものとして、HONDAのジャイロなどがあります。
ジャイロなどのような“原付三輪車”は、「側車付き自動二輪」ではなく、「ミニカー」の登録になりますが、制限速度やヘルメットなど、トライクとして運転することが可能です。また、改造車ではなく、メーカーによる製造のものも多い、補償などについても安心が出来ます。
価格は新車でも20~50万円くらいで購入することができます。
また、原付まで小さくなくても、中型程度の二輪車をトライクにすることでも安価に抑えることが可能になります。
トライクはその外観から、大型ばかりに目がいってしまいがちですが、実際に運転する時には、自分の体格や走り方に合わせた大きさのトライクを検討するべきだと思われます。
トライク
  • Yahoo!
  • 楽天
  • Goole
  • copyright(c) Life style.All Rights