自動車ベース
現在の「トライク」は“オートバイを改造して3輪にしたもの”という認識が強い為、「自動車ベースのトライク」に違和感があるかもしれませんが、“トライクはオート三輪に類する乗り物”という理由から、トライクに必要な免許は自動車免許となっています。
通常のトライクは、後輪部を1輪から2輪に改造することで、トライクとして生まれ変わります。全体的な構造はオートバイに近いものがありますが、実は駆動するタイヤが2本であることから、駆動部分の構造を自動車ベースにしているトライクもあります。
オートバイは駆動するタイヤが1本である為、エンジンから動力を伝えるのは1本のタイヤになります。
一方自動車は、左右の2輪に動力を伝えることになります。
仮に、オートバイと同じ構造で単純に2輪に増やした場合、左右のタイヤの間隔により、カーブを曲がる際の内輪差により片方のタイヤが空回りすることになります。その為に自動車では、デファレンシャルギア(差動装置)と呼ばれる装置によって、内側と外側のタイヤに生じる速度差を吸収しています。
この装置をトライクにも応用したのが、ここで言う「自動車ベーストライク」になります。
実際には、トライクにおける左右のタイヤの間隔は、自動車のタイヤの間隔より狭い為、それほど問題では無いとの意見もありますが、実際には、狭くても間隔はあるのでその分の内輪差は生じてしまいます。
このような構造を持つトライクは、排気量の多い大型のトライクに多く見受けられ、単純にオートバイを3輪に改造するのに比べ、部品も手間も多くかかってしまいます。その為、トライクは高額の値段になってしまいますが、構造上、必要な装置だということが言えます。
また、自動車には「独立懸架」と呼ばれるサスペンション形式が利用されています。サスペンションとは、車体が路面から受けるショックを吸収する装置で、自動車やオートバイだけでなく、最近では自転車にも付いている装置です。
この「独立懸架」という構造により左右のタイヤが別々に路面のショックを吸収するので、この構造も自動車特有の構造ということが言えます。
トライクの場合、2つのタイヤを一つのサスペンションで支えているものもありますが、走行性を重視した場合、タイヤごとにショックを吸収できる構造の方が望ましいと言えます。
このように、トライクは“2輪が駆動する”という意味では、オートバイより自動車に近い乗り物だということができる為、外観上のベースはオートバイでも、本来あるべきトライクの姿は、自動車ベースだということが言えるかもしれません。
トライク
  • 楽天
  • Goole
  • Yahoo!
  • copyright(c) Life style.All Rights