自転車ベース
トライクというとオートバイを改造した3輪のバイクを想像しがちですが、実際には、自転車をベースにした動力の付かないものも「トライク」と言われています。
とはいえ、子供用の三輪車はトライクに属さないようで、基本的に大人用の三輪車のことをトライクと言うようです。
日本でも馴染んでいるタイプのものとして、2つの後輪の間に荷物用のカゴを付けたタイプがあります。積載量が多い安定している為、日本でも広がりを見せたようです。
また、前2輪タイプのトライクは、前輪を特殊な構造にすることで車体を傾けて走行することができ、路面のショックも吸収できるようになっているものもあります。
上記の他に「リカンベント」という名の自転車にも、三輪のものがあり、その三輪のリカンベントもトライクと呼ばれています。
リカンベントとは、やや仰向けの状態で運転することができる構造の自転車で、座席と背もたれで身体全体を支える為、長時間運転していても疲れにくく、通常の自転車に比べ空気抵抗も少ないなどのメリットがある自転車です。
日本では余り馴染みのない自転車ですが、自転車が発展している海外ではメジャーな乗り物で、三輪タイプのトライクも販売されています。
そのリカンベント・トライクには、下記のような特徴があります。
・ 三輪で車体を支えているので、静止時にも転倒しない
・ハンドルの形状が様々で、通常の自転車のように前方に付いているもの他、サイドに付いているものもある
・タイヤの間に座席があり、車高を地面すれすれまで低くしたものもある
リカンベントのトライクは、タイヤの配置により名称がことなるようで、前2輪+後1輪のものを「タドポール・トライク」、前1輪+後2輪のものを「デルタ・トライク」と呼ばれています。
リカンベントのトライクは、その乗車姿勢と安定性から、身障者にも多く利用されているようで、このことはエンジン付きのトライクにも共通しているようです。
自転車
トライク
  • Goole
  • 楽天
  • Yahoo!
  • copyright(c) Life style.All Rights